五反田 東京美少女コレクション せいな 日本人

★おすすめサイト★



投稿者
黒光り塾長
投稿回数
常連様
入った時間
60

年齢20代前半
胸A
胸の詰め物真乳
体型ガリ
お絵かき無し
サービス事務的
写真整合性C
日本語A

"ここ五反田は、山手線屈指のスケベどころである。
そんな聖地に黒光り塾長が降り立ったのだ。

すけべどころで踊る男心。
鶯谷以来、負け戦が続く塾長、連発ストップとなるか。。

”初秋の五反田の乱”

合戦の火蓋は落とされた。


※「黒光りミシュラン方式」=黒く光る星の数で評価を決める世界標準ルール。

<WEBサイト>★★★☆☆
http://www.bishoujo-c.com/
見やすいサイトではある。
しかしながら、写真のクオリティ、詐欺度が気になる。

<受付>★★★☆☆
しごく丁寧な電話対応であった。
レンタルルームへの案内もわかりやすい。
「スレンダーな嬢を紹介します」、「頭の良い子ですので、会話も盛り上がります」
というなんとも言えないキラーワードで攻めてきたが、
私のタイプをヒアリングしきれていない。いささか不安を残し、塾長はレンタルルームへ向かった。。


今回の一騎打ちの相手、「せいな嬢」の戦線について、詳しく述べていこう。
<ファーストアプローチ>★★★☆☆
ほほう、たしかにスレンダーである。
サイトではDカップ界隈という記載があったが、
黒光りレーダーによるとBのアンダー65。
あいさつも丁寧で好感は持てる。
しかしどこか壁をつくっているような印象が拭えないファーストアプローチであった。

<ファッション>★★★★☆
11cmのヒールに、淡い色のワンピース。
非常にスリムで悪くないサイズ感。
写真だとパーカーを着用していたので気になったが、決して悪くないファッションだ。


<容姿および雰囲気>★★☆☆
身長150㎝前後。
よくあるあれだ「ダイエット中なのー」とか申す淑女であったが、
はっきり言って肉付きが弱い。この弱さで合戦を勝ち抜けるのか?
「否」
乳輪は悪くないが、ボリウムが黒光りレーダー通りBの65。
黒光り汁が引っ込んでしまった。


<パネル信用度>★★☆☆☆
WEBサイトを見てもわかるが、実に微妙である。
塾長のレビューよりも信用ができない可能性もさもありなんだ。


<シャワータイム>★★☆☆☆
可もなく不可もなくである。
事務的であり、マラ消毒を入念に行うスタイル。
黒光り塾長のいきり勃つ股間を見て、畏れ慄いたのであろう。


<プレイスタイル>★★☆☆☆
両者睨み合ったまま約2分。
しびれを切らした塾長はついに、乳輪デンプシー・ロールを開始した。
喘ぎ声、これがまた淫乱淑女の断末魔のようなトーン。
勝てない、これは勝てない。
黒光り塾長の股間の光は失われた。負け戦の空気がレンタルルームを支配し始めた。


<決着>
淑女の口淫のクオリティも想定の範囲内。
もう少し喉の奥での口撃が欲しかったが、ときすでに遅し。
合戦の基本、騎乗攻撃も恐るるに足らず。

殲滅直前、私が上位を奪いマラを擦り付ける。
それとなくSUMATAスタイルを要求するが、ところがどっこい鉄の女。
サッチャー以来である。

黒光り塾長は、ここであえなく討ち死。
連戦連敗の将、ここに見つけたり。


<リピート>★☆☆☆☆
こんな戦はもう御免でござる。


<黒光り塾長戦績>
◎鶯谷  スマタ一本勝ち
✕池袋  敗戦
✕池袋  敗戦
✕五反田 討死


財布の余力はまだある。
山手線を何周すれば良いのか。
全国のスマタニストの聖地、鶯谷への帰還も検討せねばなるまい。。


"
★管理人より★
塾長は敗戦だったようですが、文章はキレッキレで非常に良いレポだと思います!^^私も千葉の栄など様々な土地を責めたいと思いますが、なんだかんだで、鉄板地区の小岩、松戸、錦糸町、たまに日暮里、鶯谷辺りになってしまさいますw

★放浪記推薦の近郊のアジエス業界メジァー店★12
FAST PIC

FAST PIC

FAST PIC


★店舗関係者様★
風俗放浪記は最初個人ブログとして始まりました。当時は写真などの載せていたのですが、今は一部店舗様に関してはに写真の転載など放浪記の規模的にしない方向にしております。
写真の転載に同意してくる店舗様においては下記メールアドレスにメールを頂けると幸いです。
chienokinomi.fu@gmail.com
よろしくお願い申し上げます。

★店プロフィール★
http://www.bishoujo-c.com/pc/profile/f0c61191b1fa0295759b3c6d7377fef1cda4078c
★皆様へのお願い。★
このブログはみなさんの知恵を集めて有用なブログにしていこうと思っております。レポ有りましたら、どこの風俗でも構いませんのでぜひ
http://chienokinomi.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
までよろしくお願いしますm(_ _)m