池袋 PRIDE GIRL ゆな 日本人

★おすすめサイト★



投稿者
黒光り塾長
投稿回数
常連様
入った時間
60

年齢20代前半
胸D
胸の詰め物真乳
体型普通
お絵かき無し
サービス恋人的
写真整合性B
日本語A

"夏の終わりを感じさせる大都会東京。

あの黒光り塾長がスマタを求めて、懲りずに池袋を合戦場として再び参戦した。
天下分け目の戦い、池袋の乱、第二ラウンドである。


※「黒光りミシュラン方式」=黒く光る星の数で評価を決める世界標準ルール。

<WEBサイト>★★★★☆
http://www.ik-pridegirl.com/top/
ごちゃごちゃせず見やすいサイトであり、情報量も◎
メルマガのバックナンバーは悪くない訴求方法だ。


<受付>★★★☆☆
ホテヘルということで、電話をすると北口付近の怪しい地下へ誘導された。
下級武士感はまったくないが、写真の説明を懇切丁寧にする紳士であった。
黒光り好みヒアリングというよりも、「この子がオススメです」という、
商品特徴の説明から、オススメを話すというタイプ。
印象は非常に悪くないが、まずはヒアリングである。
私は乳輪が小さい子が好きなのに、そのことをヒアリングしていただけなかったのは、改善点として上げておこう。

下級武士よ、このレビューを読んでいるなら目に入れておくが良い。
「私は小ぶりの乳輪が嫌いではない。」


今回の一騎打ちの相手、「ゆな嬢」についての戦線について、詳しく述べていこう。
<ファーストアプローチ>★★★★☆
ほほう、ロングヘアーにワンピース、嫌いではない。
笑顔で目を見て深々とあいさつ、ふむふむわかっておるな。
私の「黒光りサンシャイン」からワクワク汁が込み上がってくるのを感じた。

<ファッション>★★★★☆
ワレメのシワの具合から、年齢は20代真ん中くらいと想定される。
私の好きな、ハイヒール(リンゴではない)にワンピース、そしてロングヘアー。
街ですれ違えばミドル勃起あたりまで持ってくることができるスタイリングである。


<容姿および雰囲気>★★★★☆
身長160㎝前後。
「最近太ったの!」と申しておったが、案ずることはない。
パイオツのボリウムは抜群。DからE、アンダーは70といったところ。
スレンダーではないが、太ってはいない。パンパンに太っているのは、小生の肉棒である。
くびれもあって、尻もつるつる。乳輪もやや小ぶりで◎
当たりくじを引いたという認識で相違はない。


<パネル信用度>★★★☆☆
正直受付で確認した写真よりも悪くない。いや、120%である。
写真撮影がこの店はうまくないのでは?と思わせるレベル。
カメラマンは何をしてるのか?
バリバリ修正よりも悪くはないが、嬢の一番美しい瞬間を切り取ってもらいものである。
私の好きな写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンが、一瞬を切り取る技術を高め続けたように、
この店舗のカメラマンも向上心を持って、プロとして仕事をするべきだ。
レフ板のかわりに黒光りライトで淑女を照らしてあげたいと思う次第だ。


<シャワータイム>★★★☆☆
可もなく不可もなくである。
なんというか、ブラの跡が生々しくてけしからんと嬢に説教をしようとしたが、
艶めかしい手つきで黒光りサンシャインを磨き始めたため、怯んでしまったではないか。


<プレイスタイル>★★★★☆
たばこを吸うようで、やや接吻のときにフレーバーを感じた。
最後のキスはタバコのフレーバーがしたという歌を聞いたことがあるが、
まさのそのイメージだ。イッツオートマチックではない。


<合戦図>
ついに合戦の火蓋は切って落とされた。

接吻スキルはそこそこだが、小生のDeepなアレにはかなわない。
やや黒光り優位の展開だ。

部屋の照明を落とすと同時に、黒光りの照度は上がり、本陣の脇にそびえる篝火のようにベッドを照らした。
前回同様の勝ちパターン、小生必殺の「乳首舐めデンプシーロール」炸裂。
ほほう、あえぐ、あえぐ。実に感度がよろしい。
スマタへの期待が徐々に高まっていく。
私の股間に佇む矢じりの黒曜石は艶やかさを増していく。


小生のターンは続く。
さてさて、池袋貝塚の様子はどうかなと、右手の中指で軽く触れてみる。
なるほど、満潮ならぬ、マン潮の調べを奏でている。

ちょうどのどが乾いていた黒光りは、喉を潤すために、
海岸沿いを舌なめずりしながら、海へ近づいた。

ペロリ。そしてまたペロリ。からのジュルリ。

蛸壺ならぬ、肉壷から溢れ出る潮をわざと音を立てて頂戴する。
勝負あり。この時点でスマタへの期待感とともに膨張率は300%を越えていた。


攻守交代だ。
小生は喉を潤したあと、仰向けで矢面に立った。

執拗な乳首舐め。こいつ、なぜ弱点を知ってる?まさか斥候でも忍ばせていたのか。
ギンギラギンにさりげなく屹立した黒光りを裏ルートから攻略しようとする嬢。

桶狭間である。
桶狭間の信長公のような狡猾な攻め方で、圧倒的な軍力を誇る黒光り軍を混乱に招き入れた。

混乱した黒光り軍に乾坤一擲の喉奥フェラーリ。
このような近代兵器を想定していなかった黒光り軍は、敗戦の二文字が頭を駆け巡る。

一念発起し、勃起した黒光りを正常位で擦りつける小生。
形成は逆転したかに思われたが、本丸のスマタにたどり着く寸前に、二の丸の御門をくぐったあたりで、
黒光り軍の大将は切腹ならぬ、精通を迎えた。

ほとばしる白濁した飛沫は、敗戦の将、黒光り将軍の涙のようであった。

<リピート>★★★☆☆
戦場としての池袋に勝機を見出すことが難しくなっている。
やはり、餅は餅屋、スマタはスマタ屋である。
店も嬢も悪くない。悪いのはスマタを愛し、スマタに愛された黒光り塾長である。

少ない恩賞の中でのスマタマネジメントは実に難しい。
やはり、確率論でいうと池袋城陥落よりも鶯谷城を攻めたほうが効果的なようである。"

★管理人より★
いつもレポありがとうございます!今回も黒光りミシュラン方式は見やすく非常に面白いレポでした!いつもありがとうございます!

★放浪記推薦の近郊の業界メジァー店★9
FAST PIC

FAST PIC

FAST PIC


★店舗関係者様★
風俗放浪記は最初個人ブログとして始まりました。当時は写真などの載せていたのですが、今は一部店舗様に関してはに写真の転載など放浪記の規模的にしない方向にしております。
写真の転載に同意してくる店舗様においては下記メールアドレスにメールを頂けると幸いです。
chienokinomi.fu@gmail.com
よろしくお願い申し上げます。

★店プロフィール★
http://www.ik-pridegirl.com/sys/girl_pc.php?id=yuna
★皆様へのお願い。★
このブログはみなさんの知恵を集めて有用なブログにしていこうと思っております。レポ有りましたら、どこの風俗でも構いませんのでぜひ
http://chienokinomi.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
までよろしくお願いしますm(_ _)m